運転資金を確保するための資金繰りの改善法

運転資金を確保するためには、資金繰りを改善することが必要です。

運転資金が不足する原因の多くは、売掛金の回収が遅れることに起因しているため、資金繰りを改善して売掛金の早期回収を図ることが重要になってきます。

売掛金の管理の重要性

現金取引が中心の会社は別ですが、多くの会社は掛売りをしているため、商品が売れても現金が入ってくるのは平均すると90日後になります。

長い場合だと現金が入ってくるのは6ヶ月先になることもあり、資金繰りに注意をしないと手持ちの現金が不足してしまい、運転資金が枯渇してしまいます。

経営者や経理の責任者は売掛金の管理を徹底しておくことが必要ですが、売掛金の管理が不十分だと運転資金が枯渇するリスクが高まります。

このような事態を避けるには、日頃から資金繰り表をつけておき、売掛金の管理をきちんと行うことが運転資金の確保にとって極めて重要です。

売掛金の早期回収が資金繰りのコツ

取引先が増えることは企業にとっては大変喜ばしいことですが、取引先が増えると売掛金も比例して増えますので、気づかないうちに資金繰りが悪化して運転資金が枯渇することがあります。

キャッシュフローが悪化している状態が続くと、業績は好調なのに黒字倒産をすることがあるので要注意です。

このような事態を避けるためには、売掛金を早期回収して現金化を図ることが大切です。

売掛金が減って手持ちの現金が増えると運転資金を確保できて、資金繰りがとても楽になります。

特に、急に取引先が増えて売掛金が増えてしまった時には、売掛金を早期回収して運転資金を確保することが極めて大事になってきます。

ファクタリングによる売掛金の早期回収

売掛金が増えてしまって資金繰りが悪化し、会社の運転資金が枯渇しそうな時は早急に対策を講じることが必要です。

銀行融資を受けるには審査が1ヶ月から2ヶ月もかかるため、時間的に余裕がなければ他の方法で資金調達をすることが必要になってきます。

ファクタリングを利用すると手持ちの売掛債権をすぐに現金にすることができ、運転資金の不足が解消されます。

ファクタリングは資金繰りの改善法として最適で、売掛金を早期回収してキャッシュフローの悪化を防げます。

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の譲渡ですので、融資にはないメリットがたくさんあります。

最後に

このように、ファクタリングは企業の資金繰りの強い味方になってくれ、資金繰りの改善に繋がります。

特に運転資金の確保に大きく貢献しますので、ファクタリングによる資金調達を一考されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です