資金繰りが苦しいときにする事とその後の予防法

会社を経営しているといつも資金繰りがうまくいくとは限りません。資金繰りが苦しいときにまずやることは早急に資金を調達することです。

資金繰りが苦しい状況の時は、いくつかの支払いがあることが多いと思います。

会社を確実に守るためには、資金を調達したら優先順位で支払いをし、資金繰りが苦しいのを脱出したら、その後の対処法を覚えておくようにしましょう。

◆経営者だけで解決できない時は専門家にたよろう

自分たちで資金繰りの悩みを解決できるとよいのですが、お金にまつわる事は、解決方法が間違ってしまうと最悪の場合は倒産してしまう可能性もあります。

まずは顧問の税理士に相談をする事をおすすめします。

税理士はお金に関することのプロなので、無駄な経費の指摘や企業の収益を伸ばすアドバイスをもらうことができます。

また行政書士やコンサルタントへ相談をすると、行政書士は省庁や自治体が行っている補助制度にも詳しいので資金面の相談で役に立ちます。

◆資金の調達方法

資金の調達方法には、売却、削減で資金を調達する方法、融資、出資による資金調達方法、一時的な資金を捻出するにはビジネスローンがあります。

すぐにお金を作る方法には、会社の資産を手放し、会社の所有の不動産、会社の社用車などを売却する方法があります。

資金調達で考えるのは銀行からの融資だと思いますが、銀行に申し込むより、出資者へ相談をする方が融通のきく場合があります。

資金繰りが苦しいのが一時的なものならば、苦しい状況をしのぐには、ビジネスローンカードがおすすめです。

ビジネスローンカードは迅速に対応してくれるビジネスパートナーなので、一時的な資金繰りを助ける味方になります。

◆資金繰りの苦しい時に資金調達以外の方法

支払いで苦しくなっている時は、支払いサイトの延長をお願いする、取引き先に入金を早めてもらうように交渉をする方法があります。

経営者として入金を早めてもらうのは、恥ずかしい事かもしれませんが、資金繰りが楽になるなら良い解決法になると思います。

大手の企業であってもいつ何が起こるかわからないのがビジネスです。

資金繰りが順調な時は、資金繰りについて深く考えることはないと思います。

経営者、事業者は、資金繰りが苦しくなった時のために、会社を維持していく資金繰りの大切さ、もしもの時の対処法をしっかりと理解しておくことが、事業を成功させていく上でとても重要ではないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です