事業資金の借り方のポイントと融資会社の種類

会社をおこしたいと考えた時に、一番先に考えるのは事業資金ではないでしょうか。

事業資金とは会社をおこしたり経営するときに必要な資金を事業資金と言いますが、個人事業主が事業資金の融資を受ける時のポイントを紹介したいとおもいます。

◆事業資金の借り入れの目的をしっかり説明できるようにしておくこと

金融機関で事業資金の借り入れの申し込みをする時には、お金の使用目的がとても大事になります。

金融機関の審査は、借り入れする側がしっかりと計画的に返済していけるかどうかの審査をするので、具体的な借り入れ目的を説明できるようにしておくことが大事です。

使用目的や返済方法など、具体的な質問に答えられない人に金融会社も安心して融資をすることはできませんので、事業資金の借り入れをする目的、いくら必要なのか、どの位利益が見込めそうか、返済期間はどれぐらいか、まとめておくようにして下さい。

起業資金や事業資金を調達できる金融会社はいくつかあります。

◆日本政策金融公庫は低金利だが融資までが遅く3週間かかる

日本政策金融公庫のメリットは、一般の民間金融機関での借り入れが難しい人でも融資を行なっていて、低金利で限度額も大きいので、事業資金として一番オススメの資金調達方法になります。

融資が下りるのが3週間かかるので、利用するときには計画を立てておくことが大切です。

◆銀行ローンはハードルが高く審査が厳しい

銀行の借り入れは、審査が厳しいのは有名です。銀行から借り入れができれば安心ですが、審査の基準が高く、特に個人経営では融資を断わられる事が多くあります。

最近人気の銀行のカードローンがありますが、銀行のカードローンは事業資金としては使用することができません。

◆消費者金融は金利は高いが即日融資や審査が通りやすい

消費者金融といえば金利が高いのが有名です。金利がとても高いのでおすすめはできませんが、少額の融資をつなぎ目的として利用したい人には、申し込みも簡単で融資も早いので少額の融資での活用は良いでしょう。

高額の借り入れは返済が長く、かなりの金利になるのでデミリットが多くてなるのでおすすめできません。

事業資金を借り入れする方法はいくつかあります。
金利や各種の貸付条件をしっかり把握した上で、自分の事業資金の融資にあった金融機関を見つけるようにしましょう。

借り入れをした後は、借りたお金をしっかり返済し、事業を成功させて資金繰りを安定させて行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です